Vectorworksの在宅ワークをお探しですね。

広告

探すとありそうだが

検索するといくつか見つかったりします。

ただ大都市圏が多いです。

地方在住では打ち合わせをするのに時間やお金がかかったり経費が厳しそうですね。

今はSkepeを使う方法も有るかもしれませんが、好みが分かれそうです。

在宅は設備を用意するのが大変

在宅は取引のある会社と同じバージョンのCADソフトを用意しなければならない場合も出てきます。

Vectorworksも月給以上の値段がすると思う人も多いかもしれません。

毎年バージョンアップしているみたいなので、よほど上手に仕事を回していかないと設備費を回収できないでしょう。

会社勤めをしていると、なんでこの会社ってこんなに高い道具を社員に使わせてくれるのだろうかと不思議に思ったりもします。

でもこの機材が無いと仕事はできなかったりします。

みんながうまく仕事を回して成り立っているんだなと思います。

個人で事業をやっていても同じ事はできません。

Vectorworksの在宅の事業より、もっと小資本でできる自営業もいいような気がします。

Vectorworksが使えればExcelやテキストエディタぐらいは朝飯前で使えると思います。

それだけできればできる事はたくさん有ると思います。

在宅だと時代に取り残される恐れも

会社にいると周りの人からいろいろな刺激を受けたり、備え付けの最新設備を無料で使えたりするのでできる事は多いです。

在宅の場合、Excelですら高度な機能を使わなくなっていくのでだんだん昔人間になっていきます。

私も未だにExcelは2010で充分なのではと思い始めてきましたし。

サポートが切れたらバージョンアップしようかという気は消えていませんが。

Excel2019にするかOffice365にするか本当に悩むところです。

セキュリティを無視して2010を使い続けると言う選択肢もあるのですが、迷います。

Adobeのデザインツールは未だにCS5を使っていたりしますが、あまり使いこなせないのでこの先もバージョンアップをしないでだましだまし使い続けそうです。

Vectorworksの在宅の仕事を受けたら、時々バージョンアップをするのは避けられないでしょう。

会社員の方が良いのでは

会社勤めの方が社会保険が完備されていたりするので、できる人は無理に独立して在宅の仕事をしようとしなくても会社員をしていた方が、よっぽど幸せに見えるのですが。

隣の家のバラは赤いという現象かもしれません。

広告

関連コンテンツ