Jw_cadの副業に関する情報をお探しですね。

広告

CADの副業に関する情報

↓2件紹介します。

●CADのスキル・経験を活かして在宅副業をしよう! | Cool Workers(クールワーカーズ)
https://cool-worker.com/251.html

●CADで副業も可能?実際にはどんなことができるの? | CAD.info|CADの知識やトレースのコツなどのお役立ち情報サイト
https://www.cadcad.info/ninki/post-1878/

本業を大切に

CADの副業は大変だと思います。もし図面の不備や変更で、昼間に電話で問い合わせがあったら対応できるでしょうか。

それが急ぎなら尚更です。

メールでは一方通行の伝達なので、それで完結しなければ再度問い合わせする事になります。

そうこうしているうちに、本業もおろそかになってしまうかもしれません。

CADの在宅勤務は難しい

発注元のCADソフトが高価なCADソフトだった時には、用意する事は無理でしょう。

用意できても、自分一人で操作を理解できるようになるでしょうか。

大抵の会社はJw_cad以外のCADソフトも使っています。

仕事を出す人の気持ちになればわかる

仕事を出す人は外注する事にリスクを感じています。

それをすべて解決できると根拠を持って言える自信があるでしょうか。

発注元の当たり前もできると言いきれる人はなかなか少ないと思います。

今後はCADの経験者の数が増える割に仕事は減っていきます。

他のもっとお金のかからない商売にチャレンジするか、本業で成功する方法を考えた方がいいと思います。

システム開発やWebデザインなら資本をかけない方法もありそうです。

開発環境もお金のかからない製品が増えてきていますし。

多くの人は35歳ぐらいで淘汰されてしまいますが。

40代まで残れても、なかなか安泰とはいかないでしょう。

起業する方法もありますが、いろいろ才能が必要なんでしょうね。

大社長に会っていろいろ吸収すると少しは道が見えてくるかもしれませんが、なかなかそんなチャンスも少ないでしょう。

最近なぜかネットサーフィンをしていると、なかなかソースプログラムが見つかりにくくなってきたような気がします。

システム開発も考えている人は早く仕事を覚えないと駄目ですね。

IT屋は早い者勝ちという側面もあります。

あとシステムは人が作った物が使えるのであれば、自分では作らない方がいいでしょう。

早く製品化して使い物になった物を自分で作っても、大概安心して使えません。

広告

関連コンテンツ