Jw_cadのマニュアルの本をお探しですね。

広告

自分を信じて購入

何も考えずに人のすすめる本を買っても、うまくいく時とうまくいかない時とあります。

私も昔は雑誌に載っていたおすすめの本を揃えた事もあるのですが、レベルが高すぎて読めなかった事がありました。

やっぱり本は見て買わないと駄目ですね。

本を読む事になる当人こそ、自分が求める本の像ができていると思うので、自分を信じて本を選んで購入しましょう。

失敗してもいい経験値となります。

購入を繰り返すにつれて、どんな風に選んでいけば自分の求める情報が得られて自分が変わっていくかわかるようになっていきます。

大きな本屋さんが近所に無い人も、頑張ってネットで調べて電車なり車で一度行ってみる事をおすすめします。

たくさんの本の中から自分に合った本を1冊見つけて買うという体験はいいものです。

一度経験するとやめられないですね。

ざーっと読みと熟読

本を読む時は高速読みとゆっくりの熟読を併用していきましょう。

高速読みは繰り返しても時間がかからないのがメリットです。

ただ頭に残りにくいのが残念な所ですが、潜在意識の中ではインプットされている気はします。

高速読みを何回か繰り返して熟読したくなったら、ゆっくりじっくり読んでいきましょう

1回で全部覚えようと思うとつらくなっていきます。

1つでも自分の役に立つ知識が得られたら、ちょっぴり得した気がしたというレベルでもいいのです。

本によっては数ページだけが有用な本や、前半3分の1程度読めば充分な本等いろいろなパターンがありますが、臨機応変に読んでいきましょう。

本を読むだけなくソフトを動かす機会も必要

百聞は一見にしかずという言葉もありますが、実際にJw_cadを動かしてみましょう。

仕事で使うのが一番いいのですが、使わない人も何か作るつもりで操作してみると習得が速いと思います。

そんなこと書きながらも私も本を読んで終わりという場合も多かったりするので、上達しないのですが。

CAD操作は仕事に就いてからでも間に合う

仕事でJw_cadを使うとは限りません。

仕事でCADを使う人は仕事の時間中に1つずつ覚えていったと思います。

仕事で使うCADはマニュアルが無かったり、ソフト自体が高価なため自宅用に一本買う事ができない事はよくあります。

わかる人とのつながりを大切にしましょう。

ソフト付属のヘルプもかなり熟練しないと使いこなせない場合も多いですし。

広告

関連コンテンツ