CAD検定の種類をお探しですね。

広告

CAD検定の種類と比較

↓8件紹介します。

●CADオペレーターになるには?おすすめCAD資格8選と勉強方法を紹介!
https://career-picks.com/license/cad-shikaku/

●就職に有利なCAD資格は5種類!未経験からの取得方法・勉強方法を解説 | CAD・製図の無料就職支援講座 「lulucad(ルルキャド)カレッジ」
https://www.lulucad.jp/2019/07/11/kind-of-certification/

●CADの資格の種類と特徴、資格があったらできること | minto.tech
http://minto.tech/cad-sikaku/

●CADの資格≪難易度や種類や一覧・独学≫
https://meigen.keiziban-jp.com/manabi/shikaku/design/cad_shikaku/

●【建築CAD検定試験】AACL-(社)全国建築CAD連盟
http://www.aacl.gr.jp/06shiken-naiyou01.html

●CADの資格! 問われる技術や資格の取り方は?|CADの求人・派遣・転職情報ならCAD JOB
https://cadjob.co.jp/cad_course/know-how/p840/

●CADオペレーターになるには|CAD資格の種類と講座の資料請求
https://www.brush-up.jp/guide/sc80

●CAD資格の種類はどんなものがある?【CAD資格取得ナビ】
http://xn--cad-cz0g062n.jp/variety.html

資格に過度の期待は禁物

現役の設計技術者の多くの人が資格を持っていなくても仕事ができているので、特にCADの資格を持っていなくても仕事ができればいいという風潮となっています。

そのため就職・転職ではCADの資格をPRしても弱かったりします。

若ければ勉強も意味を持つが

若くて全くCADに触れた事の無い人であれば、0よりは経験していた方がいいので、若干のCADの勉強はした方がいいかもしれません。

ただあまり深入りの必要はないと思います。

仕事に就けば会社のCADをすぐに覚えられるでしょう。

ある程度歳を取った人は今までの頑張りを活かせる仕事を

ある程度歳を取った人がCADの資格を取ろうとすると、経験が少ないとかなり時間がかかるかもしれません。

資格を取っても経験年数が少ないと転職は厳しいので、結局は今までの頑張りを活かせる仕事に就いた方がいいと思います。

広告

関連コンテンツ