螺旋階段の平面図をお探しですね。

広告

螺旋階段の平面図

↓4件紹介します。

●らせん階段の計算
http://www.zhitov.ru/ja/spiral_stairs/

●デザインにこだわります。螺旋階段の巻 | 三和建設のコンクリート住宅 blog
http://sanwa-rc.com/blog/?p=9459

●φ1200の螺旋階段の製作について
http://www.marudai-fuji.co.jp/wp-content/uploads/2014/furniture/100820_rasen.pdf#search=’%E8%9E%BA%E6%97%8B%E9%9A%8E%E6%AE%B5+%E5%B9%B3%E9%9D%A2%E5%9B%B3′

●HinoADO Tools | R螺旋階段
http://hinoado.com/index.cgi?id=4&eid=78

画像検索も活用

Google画像検索で”螺旋階段 平面図”で検索すると、いろいろ参考になりそうな画像が出てきます。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

イメージの湧かない人は是非とも活用しましょう。

等角度で円を分割するのも

基本は円を描いて等角度で分割する事になります。

角度や半径等は物によって変わってきます。

設計の腕の見せ所ですね。

なかなか設計に詳しい人でないと決められないでしょう。

私も決められない人間です。

昔の人は紙で頑張ったのだろう

昔は実用的なパソコンは無く、ドラフターで紙に設計図面を書いていったのでしょう。

数量も紙から拾ったのかもしれません。

昔も今と遜色なく建物はできました。

この先はパソコンも性能アップが見込めないので、今と同じような時代が続くのかもしれません。

AIがどこまで使い物になるか次第でもありますが、AIも何か入力しないと出力はされませんし、人があれ作ってと言ってAIが作れるとも思えませんし。

人にあれ作ってと言うと何らかの反応が返ってきますし、あれなら作りましたと言ってくる人もいるかもしれません。

ただ今の時代、何でも電子化されていますが、場所を取らないのはいいものの、何かの拍子でデータが消えたら何も残らないのが怖いところです。

かといって今更紙に出力するのも面倒ですし、管理もしきれなかったりします。

ただ思い出の写真等は紙に出せるといいのですが、デジカメで気軽にたくさん撮ってしまうので紙に出すのも億劫だったりします。

広告

関連コンテンツ