施工図の副業の仕事をお探しですね。

広告

施工図の仕事に関する情報

↓4件紹介します。

●施工図屋(図面屋)として独立する上で知っておくべきこと – 小さな会社・個人事業主・起業の0から1をサポート 01ゼロイチ
https://suke10.com/article/1006766

●在宅CADオペレーターの1日や収入、なり方は?|CADの求人・派遣・転職情報ならCAD JOB
https://cadjob.co.jp/cad_course/workstyle/p1080/

●建築施工管理技士が「施工図チェック」で失敗・クレーム・裁判沙汰を避けるための自己スキル診断(初級編) | 施工の神様
https://sekokan-navi.jp/magazine/89

●施工図1 施工図屋も悪くない?
https://w-wallet.com/page120.html

施工図とは

↓3件紹介します。

●施工図とは | 株式会社池下設計
https://www.ikeshita-sekkei.com/construction-drawing/

●施工図と設計図の違い | リゴーレスタッフお知らせ・お役立ち情報-施工図専門の図面屋-
https://rigore.jp/blog/%E6%96%BD%E5%B7%A5%E5%9B%B3%E3%81%A8%E8%A8%AD%E8%A8%88%E5%9B%B3%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84/

●設計図と施工図の違いを現役の施工管理が全力で解説してみた
https://kimagureneko0411.com/sekkeizu-sekouzu/

会社員の方がいいのでは

施工図を書けるという立派なスキルがあれば、高給で待遇してくれる会社に転職されてはどうでしょうか。

副業でやると何もかも自分で用意しなければなりません。

一人で営業もしたり現場に出たり内業をしたり、全部こなす事は一人の体ではきついと思います。

あと一人の仕事はだんだん時代からも置いていかれがちです。

会社勤めは無料で会社の道具が使えたり、営業をしなくても仕事があったりします。

事務的な仕事もできる人が担当してくれますし、仕事の能力があるうちは仕事を任せてもらえます。

ただ高齢になってくるとなかなか生き残りは大変ですが、仕事ができるうちはやっていて貯金も蓄えておいた方がいいでしょう。

仕事ができなくなった時には覚えた仕事や貯金で生きていく事になります。

丈夫な人はまだ転職して一花咲かせられるのですが。

今日も安全に

今日も安全に現場の仕事が動くといいですね。

広告

関連コンテンツ