建築CAD検定2級の図面の書き方をお探しですね。

広告

建築CAD検定2級の図面の書き方

↓5件紹介します。

●【建築CAD検定2級試験対策】平面詳細図の書き方 | 主にJw_cadの情報
https://cad.miscmemo.com/aacl/floor-plan-detail/

●【建築CAD検定2級試験対策】平面詳細図の書き方(動画編) | 主にJw_cadの情報
https://cad.miscmemo.com/aacl/floor-plan-videos/

●【建築CAD検定2級対策】平面詳細図の書き方(設備機器・家具編) – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=WNHgvJVvLZ4

●【建築CAD検定2級対策】平面詳細図を書いてみる(初期設定~壁まで) – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=oujcQYsL7M0

●建築CAD検定試験2級の手順書完成しました : 大分屋3の週末だけのブログ
http://blog.livedoor.jp/oitayass3/archives/1579802.html

施工順や大枠から書き始める

基本的に建築図面は、施工順や大枠から書き始めた方が書きやすいと思います。

細々としたところから始めると、計算や手数等が増えてしまいます。

そのため時間も余計にかかると思いますし、最悪の場合精度も?となってしまいます。

時間の足りない人はどこを削れるかも意識を

時間の足りなくなってしまう人は過剰なチェックを行っていたり、もっと速く線を引く方法を編み出したり工夫が必要となってくるかもしれません。

ただ手を速く動かせば解決するというものでも無いでしょう。

過去問を自力で解いて練習すると良いでしょう。

あともう少しの所までたどり着ければ、本番で気合いを入れる事で乗り切れるかもしれません。

受かりそうも無いから、今回の受験は取りやめるというのはやめましょう。

試験ものは運も大切です。

運が良ければ自分の強い問題が出てきて、過去問以上のスコアをはじき出す事も有るかもしれません。

本番になると火事場の馬鹿力が出る人もいるようです。

一回にかける

次の次の試験で受かればいいやという気持ちは捨てましょう。

次にかけるという気持ちは大事です。

そうしないと永久に受からなくなってしまいます。

1年後はCADの勉強をしてられるぐらい暇では無くなっているかもしれません。

広告

関連コンテンツ