建築CAD検定の勉強方法をお探しですね。

広告

まずは過去問を入手する事から

Amazonで探すと何年分か過去問が売り出されているようです。

都道府県庁所在地クラスの大きな街の本屋さんでも見つかるかもしれません。

できれば数年分用意したいところです。

過去問を入手できるかは資格の勉強では生命線となってきます。

いくら資格の名前から内容を思い浮かべて勉強して受かるぐらい生易しくはありません。

資格はそんな物です。

少なくても対策はしないと当日歯が立たないとなってしまいます。

高校・大学の試験も過去問を解いた人は多いと思います。

過去問を解いたかどうかは本当に大きな差を生んでしまいます。

私もセンター試験の過去問を解いていれば人生が変わっただろうなと悔やまれます。

過去問を見て不足している知識のあぶり出し

過去問を眺めているうちに合格点を取るまでに何を取り組めば合格に近づけれるか課題が見えてくると思います。

それをリストアップし克服し再度眺めて新しく課題に取り組めば少しづつ合格レベルに近づきます。

できればコンパクトな資格対策のテキストが見つかると良いですね。

Amazonで探したり、大きな本屋さんに行って探したり手を尽くしましょう。

時には普通のCADの解説書が必要になる場合もあるかもしれません。

テキストを読破

テキストを繰り返し読破しましょう。

分厚いテキストの場合1回しか読めないかもしれません。

やむを得ない場合それでもいいかもしれません。

とにかく読みましょう。

試験の数日前に過去問を解きまくる

試験の数日前には入手した過去問を全部解きましょう。

最後の課題を導出して対策しましょう。

時には丸暗記も有効です。

合格点を下回ってもめげないで、試験日には試験を受けましょう。

試験が終わるまで何が起こるかわかりません。

頑張りましょう。

帰り道は、今年はダメだったと言っているかもしれません。

運が良ければ受かるかもという感触を得られるかもしれません。

資格の勉強ができるのは若者の特権といえるかもしれません。

社会人になると勉強する時間も取れなくなりますし、記憶力も悪くなっていきます。

ある程度の歳になってくると資格よりどんな仕事にどれだけ勤めて何ができるか等が問われてきます。

机上の勉強だけで取れる資格はあまり意味を持たなくなってきます。

休業して資格の勉強をするより仕事をした方が良いでしょう。

今はなかなか資格を持っていても食えない時代に向かっています。

仕事は貴重です。

今の仕事を大切にしましょう。

広告

関連コンテンツ