ベクターワークスの在宅の仕事をお探しですね。

広告

ベクターワークスの在宅の仕事

↓1件紹介します。

●VectorWorksのスキルを持ったメンバーを探す【クラウドワークス】
https://crowdworks.jp/public/employees/skill/3586

なかなか新規参入は厳しそうです。

クラウドソーシングや独自の営業を

在宅となるとクラウドソーシングで受注する事や、独自の足で稼ぐ営業活動が必要となってきます。

私もクラウドソーシングに仕事を発注した事はあるのですが、仕事を受注した事は無いですね。

発注する人は安くて質の高い仕事を求めるので、なかなかWinWinの関係になっているかどうかはわかりません。

受注する人も安い案件を受ける事になった時には泣いているかもしれません。

独自の営業も、都会地はたくさん建築関連の会社があるので、全部まわって腕が見込まれれば仕事が見つかるかもしれません。

ただ一人で営業も技術的な作業もすべて行うとなると苦労は絶えないでしょう。

普通に会社勤めをされては

求人を探すとやはり会社勤めの仕事が多いですね。

会社としても機密が漏洩されても困るので、在宅ワーカーに仕事を流すのにためらう所も多いのではないでしょうか。

プライバシーマーク取得をすすめる会社も今は当たり前ですし。

あと自分で設備を揃える事となるとベクターワークスも高価なCADなので、ソフト代を回収するのにかなりの時間がかかるでしょう。

会社勤めなら会社が用意してくれますし。

どうしても在宅ワーカーにこだわるなら、Webデザインやプログラマ等、もっと資本のかからない仕事を覚えるのも一つの方法です。

Webデザインの仕事で独立した人のニュースを今日はやっていました。

2ヶ月勉強しただけで仕事を覚えたとの事ですが、相当才能のある人なんだなって思いました。

Webデザインであっても、最初は会社勤めを経験された方が、自分で生きていく実力がつきやすいとは思います。

在宅となると、時代に取り残されるのが怖いところです。

ネットの流行も、まだまだ変わっていきそうな気がします。

いろいろ見えないところで、リミットを迎えるサービスもありそうです。

後で今を振り返ると、古きよき時代と言われているかもしれません。

ハローワークが決まりやすい

仕事を探すなら、ハローワークが決まりやすいと思います。

派遣やネットの情報は、相当能力のある人でないと決まらない場合がほとんどです。

広告

関連コンテンツ